葬儀の遺族挨拶・喪主の挨拶におけるポイント

葬儀の遺族挨拶・喪主の挨拶におけるポイント

葬儀での遺族挨拶ですが、ポイントは故人のご冥福を祈り、別れを告げる最後の言葉として、遺族代表としてのあいさつを自分の言葉で述べることです。その上で遺族代表として、参列者に対して参列していただいたことと、生前のお付き合いの、感謝の気持ちを伝えることが、相手への敬意となります。そして、それが故人へのお別れの言葉の一つともなります。また、宗派・宗教の違いで、言葉を述べる際の表現は異なるので、それぞれに合わせた対応が必要です。次に、葬儀の遺族挨拶のポイントを、各親族の方に向けて紹介します。

喪主が挨拶をする際ですが、まずは落ち着いてゆっくりと話すことがポイントです。しかし、亡くなってからの日が浅く、気持ちの整理がつきにくいこともあるので、冷静なあいさつはしにくいでしょう。それでも、参列者及び親族は、その状況を察してくれるはずです。そのため、焦る必要はありませんし、無理に冷静になる必要もありません。参列者を泣かせたり、感動エピソードなども付け加える必要もなく、ただ感謝の気持ちを伝えるだけで十分です。どうしても間に合わない場合は、原稿用紙などにまとめておいて、それを挨拶とするのも良いです。葬儀の他に、お通夜などでも挨拶をするでしょうが、葬儀の際における挨拶の表現が重なっても問題はありません。

次に、使ってはいけない言葉を紹介します。縁起の悪さを参列者に連想させる言葉は忌み言葉といわれており、厳禁です。具体的には、重ね重ね・いろいろなどの不幸が重なる表現を意味する言葉が挙げられます。消える・落ちるという表現も、不吉な表現となり、忌み言葉の一つです。さらに、四は死・九は苦の意味が含まれているので、これらの数字もよくありません。生死についての直接的な表現は控えた方が良いです。死亡の場合は逝去、急死の場合は突然のこと、生存中の場合は生前は、と表現を変えるようにします。そして、キリスト教での喪主の挨拶においては、ご冥福をお祈りしますと表現することはできません。代わりとして、安らかなお眠りをお祈りいたします、などの表現で挨拶をすることができます。その他、各宗派・地域によって挨拶の表現において違いがあります。そのため、分からない場合は葬儀会社・代表者などに事前確認をすることも一つの手です。

葬儀の際の挨拶では使ってはいけない表現があるので、予め確認することがおすすめです。しかし、気持ちが落ち込んで気が回らない状況では、参列者も概ね気持ちを察しているので、無理にこだわる必要はありません。

INFORMATION

2018年05月24日
ホームページを更新しました