家族葬及び各宗派での葬儀における遺族挨拶のポイント

葬儀についてですが、仏式の一般葬の他にも家族葬及び各宗派での葬儀など幅広くあります。その際の遺族挨拶のポイントを紹介します。

家族葬で葬儀を行う場合ですが、参列する方は概ね親族のみとなります。しかし、最後のお別れの場でもあり、親族としての立場もあります。それをわきまえて、礼節を重んじて挨拶をする必要があります。

神道の場合は、冥福という言葉は使用してはいけません。いくつかの仏教用語を避けた上で、御霊のその他のエピソードなどは、仏式での挨拶のポイントと変わりありません。キリスト教式の場合は、神様のもとに召される行事の一つですから、お悔やみの言葉は必要ありません。もし、挨拶が必要な場合は、平安をお祈りするという表現をいれた言葉でお伝えすると良いでしょう。それぞれに宗派における葬儀での遺族挨拶では、参列者様への挨拶だけは欠かさないようにします。その上で、家族間で支えていく旨をお伝えすると良いでしょう。

各宗派での遺族挨拶の仕方は仏式と異なっており、仏教用語の使用も良くありません。遺族挨拶をする場合は、葬儀会社などであらかじめ確認をすることをおすすめします。家族葬においても、甘えることなく立場をわきまえた挨拶をするよう努めましょう。