孫・親の立場での葬儀の遺族挨拶のポイント

葬儀の際、孫にあたる方及び両親にあたる方が、遺族挨拶をする場合のポイントを紹介します。

孫にあたる方の場合は、年齢が離れているでしょうから、生前にもっと様々なお話を聞きたかったことを伝えることが大切です。また、就学児童の年齢で挨拶をする場合は、その思いをお手紙などでしたためて、柔らかい言葉で表現すると良いです。特に、年齢が小さいと素直な気持ちを表現しやすくなりますが、最後のお別れの挨拶としてそれも良いでしょう。

親の立場で葬儀の際に挨拶をする場合は、概ね遺族代表として挨拶をすることになります。喪主をする機会も、最近は少なくありません。結婚していた場合は配偶者・そのご親族様への挨拶を行う必要があります。亡くなられた要因が、重篤及び突然の状況の場合もありますが、その際には、場合によってはそのまま表現することは控えた方が良いでしょう。心情的にも整理のつかない場合が多いので、葬儀社及び地域の代表者など、葬儀に詳しい方に確認することがおすすめです。

孫の立場での葬儀の際の遺族挨拶のポイントは、素直な気持ちで表現するということです。両親の立場の場合は、状況によっては詳しい方に相談するのが適切な方法となります。