葬儀の遺族挨拶に入れる表現について

葬儀において、遺族挨拶をする時間は長くて3分までと考えてください。葬儀の時間及びその後の段取りが予め決められていることがあるためです。そして、親族はもちろん、葬儀によっては会社などの代表者の方も話をすることがあります。

次に、述べる言葉のポイントを紹介します。まず、会葬してくれた参列者への挨拶を入れることをおすすめします。そして、故人との思い出や生前に故人から受けた報恩のお礼、遺された自分を含めての遺族に対して、周囲からの温かい支援を依頼した上での重ねてのお礼を伝えます。この2点を可能な範囲簡潔に伝えることが大切です。気持ちの整理がつかない場合は、紙を予め用意しても構わないので、落ち着いて話をすることを心掛けてください。

加えて、故人の社会的な立場の簡単な説明、日常生活での振る舞い、喪主及び親族との関係について述べると、参列者にはその関係性がわかりやすくなります。生前当時の故人の様子もわかりやすく、思い出を振り返るきっかけにもなります。

葬儀の際の挨拶ですが、参列者にもわかりやすい関係性を伝えること、生前・今後の付き合いの挨拶をすることが大切です。しかし、不安な場合は、予め原稿を用意しておいて、気持ちの準備をしておくと良いでしょう。